挨拶


幼保連携型認定こども園 江迎幼稚園・保育園の思い

便利さを志向する今の世の中では、人に会わなくてもスマホで用件が済み、クリックひとつで買い物ができてしまいます。こうした大人社会の中で生きる子どもにとって、かつてのように外で群れて遊びながら育つという環境はほぼ失われてしまい、これは江迎地区も例外ではありません。昔から「這(は)えば立て、立てば歩めの親心」といわれるように、わが子の成長を願う親の愛情は不変です。子どもにとっての昼間の家庭であり、生まれて初めての学校となる認定こども園江迎幼稚園・保育園は、園児すべての健やかな成長を願い日々保育に取り組んでいます。乳幼児期は、触ったり、見たり、聞いたりと、五感を使い体験をして物事を知ります。この時期の子どもたちは、とても活動的です。疲れを知らす、失敗を恐れず、何事にも何度でも挑戦していきます。大人が当たり前と思っていることも、子どもは自分でやってみないと分かりませんし、経験してはじめて分かることばかりです。本園では、このような子どもたちの意欲、好奇心、頑張る力などを育めるよう、学齢別に設置する乳児期(0~2歳)、幼児期(3~5歳)のふたつの施設、さらには小学生のための放課後児童クラブも運営しながら、ひとりひとりの生活やリズムの違いに配慮した保育を行っています。あわせて園児だけでなく地域の未就園児の保護者の方にも子育て支援を行い、子どもを産んでよかった、子育ては楽しいと、すべての保護者の皆様に思っていただけるような江迎地区の子育て拠点となることを願っています。

 幼保連携型認定こども園 江迎幼稚園・保育園は、50年を超える公立時代の財産を引き継ぎつつ、完全民営化した平成21年4月からは「幼保連携型認定こども園」として、新たな教育・保育の施設として歴史を刻んでいます。
 この時期は人格形成が培われる大事な時期です。子どもたちは遊びを通して自然の中で、また友だちや先生との触れ合いの中で、多くの発見をし、驚き、感動し「どうしてだろう?」と考え、理解していきます。子どもたちが自発的にやりだしたことを丁寧に応援し、その子らしさを大切にするお手伝いの気持ちを常に意識して子どもたちに接することを心掛けています。
 また、平成30年度から幼保連携型認定こども園教育・保育要領が施行され、
・健康な体
・自立心
・協同性
・道徳性・規範意識の芽生え
・社会生活との関わり
・自然との関わり・生命尊重
・数量や図形、標識や文字などの関心・感覚
・言葉による伝え合い
・豊かな感性と表現
遊びを中心とした幼児教育を通じて「10の姿」の育ちを目標としています。
子どもたちは、教師と保護者、地域の方々に成長を見守られながら育っています。